Top >> DVDで基礎から学ぶ
指 圧 セ ミ ナー
初級セミナー
症例セミナー
診察セミナー

書 籍
経絡指圧概論
病気を治す経絡指圧
症状の診かた治し方
経絡指圧の技法
基本全身指圧
図解 経絡体操
DVD教材
プロの技術を修得

 過去20年に渡るプロ指圧師の指導経験を経て生まれたDVDです。内容は指圧初心者の技術習得(全身指圧編)から、経絡指圧に必要な基本的な知識を細かく解説した(指圧理論編)もの。そしてそれを踏まえた臨床技術の解説(治療実技編)へと進んで行きます。特に全身指圧は独学でも習得できるように内容を工夫してあります。

 

 押圧技術は全ての指圧技術の基礎になるものです。一般の講習会では様々なテクニックを紹介するあまり、この地味な技術を軽視する傾向にあります。しかし押圧技術が身について初めて診断法や高度な臨床テクニックが駆使できるのです。この土台となるものが「全身指圧」の技術です。このDVDでは全身指圧を10巻に分けて解説してあります。各巻は細部まで丁寧に解説してありますので、初心者や独習の方でも十分理解できる内容です。基本実技では細かい所は気にせず繰り返し練習する事が大切です。熟練するうちに細かな所は消化されて自然に仕上がって来るものです。

 経絡指圧の考え方を解説したシリーズで、主に漢方の専門知識を経絡指圧の立場で解説したものです。臨床では患者の訴えや症状を「経絡」の状態から「吟味・判断」して治療を進めて行きます。この吟味や判断を下す時にこの「専門知識」が必要になるのです。これまでの指圧はただ指圧ポイントを病気別に解説したものが大半です。しかしそれでは応用が利きません。患者の状態を自分で吟味し判断して、そして自ら施術方針を決めて施術できてプロなのです。このシリーズでは臨床技術の土台となる必須知識を8巻のDVDで学んで行きます。とくに「経絡の実感」と「経絡のトレース」、技術的には「2点圧迫」や「陰陽両手操法」の考え方が重要です。

 ある程度の土台が出来れば最後は実践を通して臨床経験を積んで行きます。その時必要なのが「診断技術」です。これはこれまで学んで来た押圧技術、全身指圧、指圧理論の総合された技術です。従来の手技療法は患者の訴えを経験や勘で施術する傾向がありました。しかしそれでは全く科学性がありません。病気や患者の評価も出来ません。診断技術を学ぶ事は「患者の状態を掴む技」を学ぶことです。DVDでは「証診断」の方法を学びます。この方法はDVDでしか公開しておりません。また同時に腹診法も学びます。
 後半はこれまで学んだ知識や技術を駆使して実際にどのようにアプローチするか、具体的な症例を用いて解説してあります。運動器疾患がポピュラーなのでとくに細かく解説し、経絡指圧の考え方からアプローチに至るまで、そのエッセンスを解説し考え方を学んで行きます。これを参考にする事で他の症例に遭遇した時にも治療方針が自分で立てられるはずです。